なんばグランド花月での「鹿児島工芸看板除幕式」に出席

更新日:2012年10月15日



去る10月10日、大阪市の吉本興業の劇場である「なんばグランド花月」にて行われた「鹿児島工芸看板除幕式」と「本物。大鹿児島展」記者会見に持富が出席致しました。



工芸看板とは、100周年を迎える吉本興業がなんばグランド花月のリニューアルオープンに伴い、伝統工芸で作られた看板に、同興行の芸人さんの名前を描きかかげるというもの。 第1弾は群馬県の「沼田指物」、第2弾は石川県の「山中漆器」、そして続く第3弾が鹿児島県の「鹿児島工芸看板」です。 今回お披露目された「鹿児島工芸看板」は、中に屋久杉、縁には川辺仏壇の金具と大島紬、文字には桜島の火山灰が吹きかけられ、まさに鹿児島の伝統工芸と特産品が集結したオール鹿児島の素晴らしい作品でした。 除幕式では天候にも恵まれ、笑福亭仁鶴さんや石田靖さんご参列の中盛大なお披露目となりました。



また、なんばグランド花月横にある吉本47(よんなな)ご当地市場では、「本物。大鹿児島展」が開催されており鹿児島の美味しい物や特産品が大阪難波に集結しております。 今回はその記者会見にも出席し、大島紬のPRをさせて頂きました。 記者会見には石田靖さん、鹿児島出身の芸人・天竺鼠さん達も出席され、終始和やかな雰囲気でのPRとなりました。 今回の工芸看板ならびに大鹿児島展が1つのきっかけとなり、大阪の方々や観光で訪れた方々が少しでも鹿児島や大島紬に興味を持って頂けたらと思います。



錚々たるメンバーの中でお仕事をさせて頂き、本当に貴重な経験となりました。 お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。









2012本場大島紬クィーン紹介その2

更新日:2012年08月01日

2012年度のクイーン
冨吉亜也子さん、濱崎ゆりかさん、持冨貴子さん
1.趣味や特技は?
















冨吉:読書や陶芸が好きですが、体を動かすことも好きで、スキューバダイビングやヨガをしています。
濱崎: 趣味は、お菓子作りと水泳です。特に焼き菓子を作るのが好きで、今年はフロランタンというクッキー作りにはまってます。
特技は、歯みがき!!歯は職業病で大切にしています。
持冨スポーツを観ることすることが大好きで、バレーボールは今も続けています。オリンピックシーズンなので楽しみがいっぱいです♪

2.紬を着て行くなら・・・?
冨吉: 紬は軽く、着心地が良いので色大島なら、美術館やワンクラス上のパーティーや女子会に着ていきたいですね。泥大島や藍大島なら、お茶会やお食事会に着て行きたいです
濱崎: 毎年、紬で初詣に行きます。お正月にきものを着ると気持ちも引き締まり、 寒い時期なのでベレー帽をかぶったりショールを羽織ったりと小物類も 楽しんでます。
持冨:天文館を散策しながらランチしたり、映画みたり…
特別なことより、普段の休日をたまには紬で過ごしてみたいです。女子会も盛り上がりそう(笑)


3.オススメの紬グッズは?
冨吉: いつも使える名刺入れがお勧めです。
私も持っていますが、大島紬の触り心地や柄が好きなので持っているだけで幸せな気分になれます。
濱崎:紬ストラップはおみやげ物にもいいしオススメです。ちなみに、奄美大島限定の大島紬キティちゃんストラップが欲しくて狙っています♪♪
持冨:オススメはティッシュケースです。鏡付きでちょっとした小物も入れられるのでいつも持ち歩いています。

2012本場大島紬クィーン紹介

更新日:2012年07月01日

2012年度のクイーン
冨吉亜也子さん、濱崎ゆりかさん、持冨貴子さん
1.応募しようとおもったきっかけは?










冨吉:母から和裁や着付けの影響を受け、また7年間アメリカに留学し、 日本を離れて生活した経験から改めて日本の文化や郷土工芸品の素晴らしさを知り、 地元鹿児島が誇る大島紬を多くの人にPR出来たらと考え応募致しました。
濱崎: 私は着物が好きで、母の大島紬をお正月に着て初詣に出掛けるのが恒例になってました。
親子二代で愛用する大島紬には『絆』のようなものを感じてなりません。親子の『絆』、人と人との『絆』、また国と国との『絆』を本場大島紬で紡いでいけたらいいなと 今回応募させて頂きました。
持冨知人の勧めでクイーンコンテストのこと知りました。
ちょうどその頃父が大島紬のネクタイを愛用しており、その軽さ、肌触り、 シンプルでありながらも存在感のあるデザインに感動し大島紬に興味を持ち始めました。 私も着てみたい …そう思ったのが応募したきっかけです。

2.選ばれたときの感想は?
冨吉:最初に呼ばれ、えっ?っとその場に立ち竦んでしまいました。驚きがずっと続きましたが、先輩クィーンからたすきを受け渡された時、喜びと支えて下さった方々への感謝の気持ちで一杯になりました。
濱崎: ビックリしました!!
コンテスト出場者みんな素敵な方たちばかりだった中から、まさか自分がクィーンに選んでもらえるなんて!!驚きで、名前を呼ばれた後の手順を忘れて挙動不審だったかもしれません。(笑)
持冨:状況を把握するのに時間がかかりましたが、できる精一杯を出し尽くした結果だったので素直に嬉しかったです。


3.これから大島紬クィーンとして。
冨吉:大島紬は着てもらえると軽さや着やすさを分かってもらえると思います。 世界に誇れる大島紬を世界中の多くの人に伝えていきたいです。
レッツ エンジョイ ユア ライフ ウィズ 大島紬☆
濱崎:私は、まだまだ着物初心者で覚えなければならない事だらけです。
この度、クィーンになれたのも何かのご縁だと思い。着て!見て!触って!本場大島紬の魅力を自分で体感して、多くの人へ伝えていけたらいいなと使命感を感じております。
持冨:元々私は大島紬はもちろん、着物を着る機会もほとんどありませんでした。そんな私も着る機会が増えたことでもっと大島紬を知りたい!もっと着てみたい!そう思うようになりました。
世代を問わず1人でも多くの方々が大島紬に興味を持ち、大島紬を身近に感じて頂く、 そんなきっかけ作りからしていけたらと思います。

天まちサロン 移転新装オープンイベント

更新日:2012年06月26日

 

6月1日に、街なかサービスステーション 天まちサロンが移転新装オープンしました。
1日~3日はオープンニングイベントが行われ、来館された方々のお出迎えや特産品の配布などをお手伝いさせて頂きました。

天まちサロンは従来の子育て支援サービスに加え、 観光案内や特産品の展示・販売などの新しい機能も充実しています。
6月10日までは大島紬展示販売もあり、反物や着物だけではなく小銭入れや 名刺入れなど実用的な小物類もあり、 来館されたお客様からは「これも大島の生地なの 」という驚きの声も聞こえました。

また、6月3日には奄美唄者である泉重光さんの島唄ライブも行われ、 多くのお客様と共に踊りを交えながら楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
天まちサロンでは大島紬をはじめ、薩摩焼や竹工芸品など鹿児島が誇る伝統工芸品を気軽に間近でみることが出来ます。
観光客の方々はもちろん、地元の皆様にも伝統工芸品を身近に感じて頂くことが出来る素敵な所です。
ちょっと休憩したい時…
待合せをしたい時…
お手洗いへ行きたい時…・・・等々、
そんな時は是非天まちサロンをご利用ください。
オープニングイベントにお越しくださった皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

2012年本場大島紬クィーン決定!

更新日:2012年03月05日


冨吉  亜也子さん&持冨  貴子さん&濵﨑  ゆりかさんです。
1 / 11
(C)Copyright 2011 All Right Reserved. Presented by Honbaoshimatsumugi Orimono Cooperative society