紬クイーン情報

川辺二日市に行ってきました。

更新日:2012年02月26日

 

 

 

2月4~5日に行われました 「川辺二日市」に行って参りました。
「川辺二日市」は鹿児島の三大市のひとつと言われている お祭りで長い歴史をもつ市です。
前日には雪が降ったにもかかわらず、 歩行者天国となった沿道に多くの人が賑わいをみせていました。
それもそのはず、約1.3キロに約400店舗もの屋台が並び見て歩くだけでも楽しむことができます。


今回は織姫館のスタッフの方々と一緒に旧川辺町の
”ひまわり館ホール”で展示販売を行っており、 大島紬の他に、伝統的工芸品である薩摩焼、 川辺仏壇の展示即売会を行っておりました。
今回は小銭入れやストラップなどの小物から、ストール、バッグ、 洋装を持って行き、私お気に入りの小物を お客様が気に入って購入してくださりとても 嬉しかったです。


バルーンアートを作るピエロがいたり、チンドン行列や猿回し、 バナナのたたき売りまでありました。400店舗の屋台の中に、なが~い行列の回転焼き屋さんがが!
そこはお餅屋さんがこの二日市にしか作らないという回転焼きで外はモチモチ、中にはあんこはた~っぷり入っていてとってもおいしかったです。


初めての「川辺二日市」に参加しおいしいものを食べたり 大島紬を着て歩いているだけで写真を撮ってくださったり、 お客様の紬に対する思い出話をお聞きでき、 また、県外の方にも本場大島紬を知っていただけ、とても充実した2日間 でした。
また是非来年は、ゆっくり露店を見ながら楽しみたいと思います。
スタッフの皆様寒い中 おつかれさまでした。
ありがとうございました。



大島紬 in WEEK 熊本にて

更新日:2012年02月17日


2月11、12日熊本市の熊本伝統工芸館で行われた「大島紬week in 熊本」に行って参りました。 熊本伝統工芸館は熊本城のすぐ近くで観光客の方々も多く見られました。

当日はご来場された方々に本場大島紬の試着体験をして、熊本城へ散策して頂くというイベントもありました。 ほとんどが熊本市在住の方でしたが、「大島紬は憧れ」「通常の着物より着心地がよく、温かい」「手織りとは思えないほどの精巧さに感動する」 と大変ご好評頂きました。

台湾やフランスからの観光客の方々も見えましたが、実際に機織りをしてみたり、艶やかな大島紬を間近に見たりして 日本、鹿児島の伝統工芸品である大島紬の精巧さ、様々な美しい文様に魅了されていらっしゃいました。 改めてもっと多くの国内外の方々にこの素晴らしい鹿児島の伝統工芸品、大島紬の魅力を伝えて参りたいと思いました。

ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。 そしてお世話になりましたスタッフの方々本当にありがとうございました。


ストリートファッションショー

更新日:2012年02月15日

 

 

2月11日、「本場大島紬ストリートファッションショー」が開催されました。天文館G3、ぴらもーる、中町ベルグ、ドルフィンポートの 4か所で行われ、ショーのモデルは歴代の本場大島紬クィーンやフレンズ、歴代かごしま親善大使さん、そして私たち2011年度クィーンが出演し、振り袖姿や袴姿、そして洋装など様々な衣装を着用しました。

ショーは、お客様との距離も大変近くとても緊張しましたが、すてきな音楽とともに気持ちよく歩くことができました。いかに紬を美しく見せることができるかを考えながら歩くのは大変難しかったです。途中、FMラジオへの出演もあり、本場大島紬フェスティバルの告知もさせていただきました。そして、改めてPRの難しさというものを痛感しました…。

当日は寒い中、沢山のお客様が見に来てくださり、私たち出演者も大変嬉しかったです。
本当にありがとうございました。そして、スタッフの皆さま、出演者の皆さん本当にお疲れ様でした!さて、いよいよ今週はクィーンコンテスト。
新しいクィーンさんにタスキを引き継ぐ日です。今年はどんなクィーンさんが選ばれるのか私もとても楽しみです。

最終選考出場者の皆さん、緊張するかとは思いますが、自分の想いを精一杯伝えてくださいね!皆様是非、2月18日土曜日「本場大島紬フェスティバル」にお気軽に足をお運びくださいね。






マルヤガーデンで新作コンテスト&お茶会

更新日:2012年02月10日

1月25日~29日にマルヤガーデンズにて「さつまの伝統的工芸品フェスタ2012」を開催し、会場では大島紬新作コンテストや大島紬製織加工実演、薩摩焼展示会などを行いました。



大島紬新作コンテストでは、精密で大島紬の艶やかな文様に改めて感動いたしました。
やはり鹿児島が世界に誇る伝統工芸品大島紬、 世代を問わずもっと多くの方に大島紬の魅力を伝えたいと改めて思いました。



土日にはお客様にお好きな薩摩焼のお茶碗をお選び頂き、お茶を楽しんで頂く「紬茶会」も開きました。
お客様から 「素敵な薩摩焼で美味しいお抹茶を頂いてとても貴重なひとときでした」と嬉しいお言葉を頂きました。
日本の和の心・おもてなし、そして鹿児島の伝統工芸品、改めて素晴らしいと思えるイベントでした!



寒い中ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
そしてお世話になりましたスタッフの方々、本当にありがとうございました。



大島紬クィーンとしての任期も残りあとわずかですが、こうして大島紬のPRができる喜び、そして感謝の気持ちを忘れず任務を全うしたいと思います!

 



1 / 11
(C)Copyright 2011 All Right Reserved. Presented by Honbaoshimatsumugi Orimono Cooperative society