大正5年
昭和8年
昭和11年
昭和25年
昭和26年
昭和29年
昭和30年
昭和38年
昭和42年
昭和43年
昭和49年
昭和50年
昭和58年
昭和59年
昭和60年

平成元年

平成7年
平成8年
平成9年
平成12年
平成15年
鹿児島織物同業組合として設立
藍大島・夏大島・変わり地風大島紬の出現 経緯総絣式大島紬の出現
工業組合法により鹿児島県織物工業組合に改称
中小企業等協同組合法により鹿児島県織物工業協同組合に改組
戦後本格的に大島紬生産が開始
泥藍紬の抜染加工法が開発される
白地大島紬、色大島紬の生産開始 [白大島・色大島]
草木染大島紬が生産される
9マルキ式大島紬の開発
現在地に組合事務所を移転 [案内図]
訓練校(鹿児島県本場大島紬職業訓練校)が落成
本場大島紬が国の伝統的工芸品に認定される
観光事業「手織りの里」オープン
組合名を本場大島紬織物協同組合に改称
訓練校名を本場大島紬技術専門学校に改称
コンピュータ利用による図案処理システムの開発
第一回本場大島紬クィーンコンテスト開催
本場大島紬フェスティバル開催(毎年実施)
第一回新作発表会を鹿児島市で開催
第二回新作発表会を開催
組合創立80周年記念式典を開催
第一回本場大島つむぎ園遊会を開催(毎年実施)
第一回つむぎコレクションを鹿児島市で開催(毎年実施)