その起源は1800年以前にさかのぼり、 わが国において最も長い歴史と伝統をもつ織物です。 鹿児島では奈良以前から養蚕が行われ手紡糸で紬が生産され、その染色方法も 天智天皇(661年)の時代からの古代植物染色の技法であり、 現在車輪梅染(テーチ木)及び藍染として伝えられております。 本場大島紬は、経緯の細かい絣(かすり)糸が地模様をつくっています。 以前は絹糸を芭蕉の糸で手括りして絣模様をつくっていましたが、明治40年頃から締機による織締絣の方法を採用するにようになり 世界に類をみない本場大島紬独特の精緻な絣模様ができるようになりました。

▲鹿児島で織られたきた割込式正藍大島紬