紬クイーン情報

2012年度 本場大島紬クィーンの募集※締め切りました。

更新日:2011年12月15日


※沢山のご応募ありがとうございました。
募集は締め切らせていただきました。


鹿児島県の国指定伝統工芸品である本場大島紬をPRしていただく、2012年度の本場大島紬クィーンを募集中です。

詳細は下記のとおり。
応募締切 平成24年1月10日(火)必着
※募集は締め切らせていただきました。
応募方法 顔写真・身長・体重・チャームポイント他、必要事項を全て記入した履歴書及び、御自身のアピール写真を同封の上、下記住所へ郵送下さい。
〒890-0072 鹿児島市新栄町18番6号
本場大島紬織物協同組合クィーンコンテスト係
応募資格 鹿児島県在住の18歳以上の女性(未婚・既婚問いません)
入賞商品 本場大島紬クィーン(3名)・本場大島紬1反と賞金5万円
選考日程 第1次審査「書類選考」平成23年1月中旬
第2次審査「面接選考」平成23年1月28日(土)
最終選考会「着物審査」平成23年2月18日(土)
※最終選考会場 : 山形屋2号館文化ホール

 

九州新幹線全線開通で、全国から注目を集める鹿児島県と
本場大島紬のPRを、お手伝いください。

2011本場大島紬クイーン 紹介その2

更新日:2011年11月24日

2011年度クイーン3名のインタビューの続き

趣味や特技は?





中園:温泉に行くこと 読書 東野圭吾さんや辻仁成さん、村上春樹さんの本が好きです。
前田:外国に大変強く興味を持っております。より多くの外国人の方とコミュニケーションを図りたいと思い、英語、中国語、韓国語を勉強しております。世界中の方々に大島紬の魅力を伝えたいと思っております。

お勧めの紬グッズは?
長濵:紬のティッシュケースはかなりオススメです!私も愛用してますしプレゼントにも最適です!
前田:オススメの紬グッズは印鑑入れです。私の誕生日に頂いたもので、大変嬉しく思いました。紬を身近に使っていただけるオススメグッズです。


クイーンになって変わったことは?
長濵:色々な方々と出会えたことと言葉使いやマナーに気をつけるようになりました。
中園:クイーンになって普段お会いできないような方にお会いする機会が増えました。そして前に出てPR等もするので、少しだけ恥ずかしがり屋が改善されたような気がします。
休日の過ごし方は?
前田友人達とワイワイ過ごすのも好きですが、まったりカフェで読書をするのもリラックスできて好きな過ごし方です。
中園韓流ドラマを見たり、自然が多い公園などに行くのが好きです。

2011本場大島紬クイーン紹介

更新日:2011年11月21日

2011年度のクイーン
中園恵美さん、長濵智子さん、前田綾香さん

応募のきっかけは?








長濵:私の地元奄美大島と鹿児島の宝である大島紬を一人でも多くの方に知ってもらうお手伝いができたらと思ったからです。
中園:昨年まで一年間カナダで生活を送り、その生活の中で改めて日本の文化、郷土工芸のすばらしさに気づいたこと、そして前から大島紬に興味を持っていたので応募しました。
前田母が和装が大好きなことから影響を受け、私も幼い頃から和装に慣れ親しんで参りました。大学時代に鹿児島に帰省している際に電車内でクイーンを募集していることを知りました。鹿児島を離れてみて改めて知った鹿児島のよさ、世界に誇る鹿児島の伝統工芸品、大島紬を伝えて参りたいと思い応募致しました。

選ばれた時の感想は?
中園:へ?え?と少し気づくまでに時間がかかりました。
長濵:最終の20名の中に似た名前の方がいらっしゃったのもあって正直私ではないと思いました。
喜びとクィーンという責任の重みを感じました。


印象に残っている仕事は?
長濵:5月にあった大丸神戸店での南国鹿児島物産展。
初めてのPRということもあり緊張で一杯だったのですが、鹿児島市職員の方々をはじめかごしま親善大使の方に助けられ色々と勉強させて頂きとても充実した心に残る出務になりました。

前田:九州新幹線全線開業イベントです。前日は誰もが予想できなかった大変悲惨な東日本大震災が起こりました。
しかし、 今日本を元気にできるのは九州、そして鹿児島だと思い、鹿児島に来てよかったと思って頂けるよう笑顔で開業イベントに参加いたしました。鹿児島が一致団結したイベントに参加できたことを大変嬉しく思いました。

2011 大島紬クイーン募集のお知らせ

更新日:2010年12月01日

2011qeen_info PDFで開きます。

2010 大島紬クイーン募集のお知らせ

更新日:2009年12月01日

(C)Copyright 2011 All Right Reserved. Presented by Honbaoshimatsumugi Orimono Cooperative society