紬クイーン情報

ストリートファッションショー

更新日:2012年02月15日

 

 

2月11日、「本場大島紬ストリートファッションショー」が開催されました。天文館G3、ぴらもーる、中町ベルグ、ドルフィンポートの 4か所で行われ、ショーのモデルは歴代の本場大島紬クィーンやフレンズ、歴代かごしま親善大使さん、そして私たち2011年度クィーンが出演し、振り袖姿や袴姿、そして洋装など様々な衣装を着用しました。

ショーは、お客様との距離も大変近くとても緊張しましたが、すてきな音楽とともに気持ちよく歩くことができました。いかに紬を美しく見せることができるかを考えながら歩くのは大変難しかったです。途中、FMラジオへの出演もあり、本場大島紬フェスティバルの告知もさせていただきました。そして、改めてPRの難しさというものを痛感しました…。

当日は寒い中、沢山のお客様が見に来てくださり、私たち出演者も大変嬉しかったです。
本当にありがとうございました。そして、スタッフの皆さま、出演者の皆さん本当にお疲れ様でした!さて、いよいよ今週はクィーンコンテスト。
新しいクィーンさんにタスキを引き継ぐ日です。今年はどんなクィーンさんが選ばれるのか私もとても楽しみです。

最終選考出場者の皆さん、緊張するかとは思いますが、自分の想いを精一杯伝えてくださいね!皆様是非、2月18日土曜日「本場大島紬フェスティバル」にお気軽に足をお運びくださいね。






マルヤガーデンで新作コンテスト&お茶会

更新日:2012年02月10日

1月25日~29日にマルヤガーデンズにて「さつまの伝統的工芸品フェスタ2012」を開催し、会場では大島紬新作コンテストや大島紬製織加工実演、薩摩焼展示会などを行いました。



大島紬新作コンテストでは、精密で大島紬の艶やかな文様に改めて感動いたしました。
やはり鹿児島が世界に誇る伝統工芸品大島紬、 世代を問わずもっと多くの方に大島紬の魅力を伝えたいと改めて思いました。



土日にはお客様にお好きな薩摩焼のお茶碗をお選び頂き、お茶を楽しんで頂く「紬茶会」も開きました。
お客様から 「素敵な薩摩焼で美味しいお抹茶を頂いてとても貴重なひとときでした」と嬉しいお言葉を頂きました。
日本の和の心・おもてなし、そして鹿児島の伝統工芸品、改めて素晴らしいと思えるイベントでした!



寒い中ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
そしてお世話になりましたスタッフの方々、本当にありがとうございました。



大島紬クィーンとしての任期も残りあとわずかですが、こうして大島紬のPRができる喜び、そして感謝の気持ちを忘れず任務を全うしたいと思います!

 



2012年度本場大島紬クィーンコンテスト ニ次選考会

更新日:2012年01月28日



去る1月28日、2012年度本場大島紬クィーンコンテスト
ニ次選考会が開催されました。
長濵が二次審査の進行役という大役を任せていただきました!!



 

 

 

今回、約130名の応募の中から書類選考を突破した45名の方が二次審査に出場しました。
1分間の自己PRでは短い時間のなかで、自分の思いを語っていただきました。
出場者の皆さんの緊張がこちらにまでひしひしと伝わってきて、『確か私、 緊張でガチガチでPRを忘れてしまったなぁ…(苦笑)』と、ちょうど一年前の自分の姿を思い出してとても懐かしい気持ちになりました。
あれから一年。
本当に月日が流れるのは早いものですね。

あの時はこうやってクィーンとして皆さんの前で進行役をさせていただくなんて夢にも思っていませんでした。
私達、2011年度クィーンの任期も残り半月。
最後までしっかりとクィーンというタスキの重みを胸に、精一杯お仕事をしていこうと思います。
二次審査出場者の皆さん、本当にお疲れ様でした!!
そして、審査員の先生方、ウォーキング講師の先生、
本当にありがとうございました!

上海で鹿児島をPR ~長濵 智子~

更新日:2011年12月20日


中園さんに引き続き…
12月17、18日に私、長濱も上海に行きました!!
とても寒い!!との情報を聞いていましたので完全防備で挑みました!!




 

今回の会場、+8(ジャーバー)は上海の人気観光スポット田子坊(たこぼう)エリアにあり、中国の方だけでなく観光客の方でとても賑わっていました。

入口でかごしま茶を配ったのですが、とても好評で、用意していたお茶が早々に無くなってしまいました!!
ちなみに…『リーチャ(緑茶)、チーン(どうぞ)』という片言の中国語にも関わらず皆様笑顔で受け取ってくださいました(笑)
比較的、若い方々が着物に興味をもってくださり少し待ちが出てしまうほど好評で、とても喜んでくれて私もすごく幸せでした!!
鹿児島から来た甲斐があったとシミジミ実感しました。
現地では多くの日本の方々にもお会いし、『上海で紬を見れるなんてなんか嬉しいよ』等の沢山の嬉しいお言葉をいただきました。

海外はプライベートも含め2回目ということもあり、とても不安だったのですがスタッフの方々に色々と助けていただき、とても充実した上海出張となりました。

上海で鹿児島をPR ~中園 恵美~

更新日:2011年12月20日


12月10・11日、上海市田子坊エリアの「+8」(全国商工会連合会のショップ)で、鹿児島の工芸品のイベントがあり、そこで試着体験と鹿児島茶のふるまってまいりました。



 

田子坊エリアは昔の上海の町並みを残しつつ、開拓されているという地域で1階にきれいに改装された店舗、2階には昔のままの住宅が残り洗濯物がそのまま干されているといった感じで、とても興味深いエリアです。
試着体験は、中国の方に大島紬に袖を通していただき、身近に感じていただきたいと着付けし、着付け後は写真を撮ったりと、とてもご好評いただきました。
中国の方にとって着物は憧れで、昨今は日本人の男性と結婚する方も増え、結婚式には日本風に着物を着る方も増えているそうです。
2日間とても寒かったですが、上海は夜景がとても綺麗で、また高層ビルが立ち並ぶ地域もあったり、鹿児島とまた違った雰囲気を味わえました。
初めての海外での鹿児島・大島紬のPRで、多くの方が喜んでいただき、たくさんの笑顔を見る事ができて私自身改めて鹿児島・大島紬をPRできたことに心から感謝いたしました。

(C)Copyright 2011 All Right Reserved. Presented by Honbaoshimatsumugi Orimono Cooperative society