ま・み・む・メモ ま・み・む・メモ

私たち4名の「本場大島紬クイーン」が、クイーンのお仕事を中心に、
訪問やPR活動、クイーンの毎日、お気に入りのグッズやおすすめアイテムなど、
クイーン目線で本場大島紬の魅力と耳寄り情報を発信していきます。

「藤原紀香さんと楽しむ大島紬ランチ」出務御報告/前薗

NEW!2022-11-30 09:03
2020-22Q/前薗

みなさま、こんにちは。
本場大島紬クイーンの前薗です。

去る11月22日、 オークラ東京にて【藤原紀香さんと楽しむ「大島紬」ランチ】が開催されました。

このイベントは「大島紬の魅力をより多くの方に知っていただきたい」と、産地の鹿児島県が主催し、鹿児島県本場大島紬協同組合連合会(本場大島紬織物協同組合・本場奄美大島紬協同組合・藤絹商工協同組合)が協力し、作り手と大島紬を愛する方々をつなぐ機会として開催されました。

ランチ会では、以下イベントが行われました。

作り手から聞く大島紬(ものづくり)
3組合からそれぞれ伝統工芸士が集結し、「図案」「染色」「加工」の3工程をご説明いただきました。

<図 案> 藤絹商工協同組合:山方 誠士 伝統工芸士
大島紬の設計図とも言える緻密な作業に、多くの方から驚きの声をいただきました。

<染 色> 本場奄美大島紬協同組合:金井 一人 伝統工芸士
奄美大島ならではの「泥染め」…豊かな自然と幾重に重なる手作業の賜物の工程に、多くの方が熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

<加 工> 本場大島紬織物協同組合:重田 茂和 伝統工芸士
図案に基づく刷り込み、一度織られた状態のものを再び糸に戻すバラサキ、本織り…

多くの職人の手により40もの工程を経て完成する大島紬に、お客様からは感嘆の言葉をお聴きすることができました。

大島紬の反物展示
3組合から16の反物が集まりました。伝統工芸士のお話を通し、それぞれの産地の特徴を活かした風合いの違いを身近に感じていただきました。

奄美三線と島唄による演奏 / 鹿児島県の食材を取り入れたオリジナルランチコース
島唄奏者である、辻美里さんと岩崎日向子の透き通るような歌声とともに、鹿児島県のプレミアムな食材を取り入れたランチをお楽しみいただきました。

藤原紀香さんによるトークショー
みなさまお待ちかねの、藤原紀香さんのトークショー。
藤原紀香さんに着用いただいたのは、本場大島紬織物協同組合の12マルキの総絣、奈良にある正倉院模様の格式高い「白大島紬」。

差し色の紫の帯をポイントとしたコーディネートをご説明いただいたり、ご自身も大島紬をお持ちで日常的に楽しんでいらっしゃる、着物ライフのお話をしていただきました。

また司会を務めていただいた島田ちかこさんに着用いただいたのは、本場奄美大島紬織物協同組合の総絣技法で絣の文様がダイナミックに伝わる「泥大島紬」。

お客様には白大島と泥大島の異なる魅力を、存分にお楽しみいただけたかと思います。

今回、多くの来場者の方も大島紬を御召になっており、会場が大島紬愛にあふれる、とても素敵で贅沢な空間になりました。
産地を超えて全国各地、多くの方に大島紬を愛していただけていることに、感動を覚えるとともに、クイーンとしての活動に身が引き締まる思いでした。

2022年12月10日(土)~13日(火)には、東京/時事通信ホール、
2023年1月26日(木)~28日(土)には、京都/京都産業会館ホールにて、1000反もの大島紬が集う「大島つむぎコレクション」が開催されます。

3つの組合の作品が一堂に楽しめる、またとない機会となっておりますので、ぜひ足をお運びください。

最後になりましたが、イベント開催に向けてご尽力いただいた皆様、会場にご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
今後とも大島紬業界を、よろしくお願いいたします。

« prevTop