ま・み・む・メモ ま・み・む・メモ

私たち4名の「本場大島紬クイーン」が、クイーンのお仕事を中心に、
訪問やPR活動、クイーンの毎日、お気に入りのグッズやおすすめアイテムなど、
クイーン目線で本場大島紬の魅力と耳寄り情報を発信していきます。

2023本場大島紬フェスティバル 出務御報告/前薗

NEW!2023-03-13 18:25
2020-22Q/前薗

みなさま、こんにちは。
少しずつ暖かくなり春らしさが感じられる頃となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
2020本場大島紬クイーンの前薗です。

3月2日~4日にかごしま県民交流センターにて本場大島紬の魅力を存分に体感できるイベント、「本場大島紬フェスティバル」が3日間にわたり開催されました。

「本場大島紬新作コンテスト」では、今年も各織元より選りすぐりの作品が集まり、経緯部門で24点、経絣・縞格子部門で20点、計44点の出品がありました。


「今まで見たことがないくらい美しく、ずっと眺めていたくなるほど綺麗な紋様ですね」
「伝統と新しさが共存する大島紬を感じることができて、とてもワクワクします」
「ワードローブの新たな一着として、ぜひ手元に置いておきたいです」
「こんなにも個性豊かな作品がたくさんあるのですね、感動しました」
と、大島紬愛好家の方にも、初めてフェスティバルに足を運んでいただいた方にも
たくさんの嬉しいお言葉をいただき、大島紬が持つ魅力を改めて強く感じた時間でもありました。

みなさまにご投票いただいたコンテストの結果は後日、組合より改めてご報告させていただきます。

「紬 de ワークショップ」では、大島紬を使用したミサンガや缶バッジ、折り鶴作成等の制作体験を開催し、こどもから大人まで楽しんでいただけました。

「紬 de 体験」では、伝統工芸士から図案や加工の工程を聞けるコーナーや、実際に大島紬の機織りを体験いただけるコーナーを設置し、大島紬をより深く知っていただく場として多くの方に興味を持っていただきました。

「展示販売」では、帯や小物もあわせて大島紬コーディネート提案を行い、たくさんのお客様に好評をいただきました。

2日の夜にはビストロ・ドゥ・レヴにて「紬 de ディナー」と称して紬パーティーを行いました。
ドレスコードは「大島紬」。ご参加いただいたみなさまが御召になっている大島紬はどれも素敵で会場が大島紬愛にあふれる幸せな空間となりました。


パーティーには鹿児島市 市長 下鶴隆央様にもご参加いただき、鹿児島が誇る伝統的工芸品の大島紬が世界に羽ばたき、より多くの方に愛されるように、と力強いご支援のお言葉もいただきました。

また最終日の4日には「本場大島紬クイーンコンテスト」が開催されました。


鹿児島県 県知事 塩田康一様にも会場に足をお運びいただき、大島紬の益々の発展を願い、激励のお言葉をいただきました。
コンテストの中では10名の大島紬フレンズによる和装のファッションショー、鹿児島純心女子短期大学デザイン表現コースによる洋装ファッションショー、バスケットボールチーム 鹿児島レブナイズのオフィシャルチアダンスチームのレイベス(REIBES)によるチアダンスが披露されました。

和装ファッションショーでは、泥染大島・白大島・植物染大島・藍大島・色大島等・・・
フレンズのみなさんがどれも素敵に大島紬を着こなしておられました。


自己PRもウォーキングもとても素敵でフレンズのみなさんの大島紬に対する深い愛を感じました。

洋装ファッションショーでは、学生さんたちの若さ溢れる迫力あるショーに感動するとともに、洋装にアレンジされた大島紬が持つ新たな可能性に心躍る時間になりました。

コンテストでは新クイーンに「山下藍加さん」と「直田有理さん」が選ばれました。
新クイーンを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そして今回は2020本場大島紬クイーンの「前薗くるみ」と「榎谷彩」の卒業でもありました。

本場大島紬クイーンとして活動させていただいた3年間、多くの出会いの中で本当にたくさんの方々にお世話になりました。これまで応援してくださったみなさま、誠にありがとうございました。
後日、改めて最後のご挨拶をさせていただきます。

今年で27回目となる当イベントですが、今年も大盛況のうちに終えることができました。
感染症対策に留意しながら開催にご協力いただいた関係者の皆様、ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
今後とも本場大島紬をどうぞよろしくお願い申し上げます。